2018年9月18日火曜日

演奏活動を休止します

秋の空に、秋の空気です。
皆さま、お元気ですか?

前回のブログでふれさせていただきましたが
ご来場御礼の続きで書いてしまったので、
改めてご報告させていただきますm(_ _)m

最近は聖路加国際病院での演奏のみ行っておりましたが、
それも今月をもってお休みし、
しばらく演奏活動を休止させていただきます。

橋本病と流産」という記事で以前書かせていただきましたが、
私事ながら、昨年より体調の優れない日が続き、
鍼灸などで様子を見ておりましたが、春頃に詳しい検査をし
夏に、甲状腺の自己免疫疾患である橋本病に
罹患していることがわかりました。

橋本病は完治ということはなく、服薬によるホルモンの補充で
”寛解する”という病気なので、定期的に検診を受け、
ホルモンの値さえ保てれば日常生活に支障はありません。

ただ歌を歌うことは思いの外、全身の筋力を必要としているようで
本番へ向けた練習の積み重ねができなくなっています。
練習とともに日に日に疲労が強くなり、歌唱中の支えが利かず、
声帯は本来休めればリフレッシュし、訓練と共に声も伸びていくはずが、
声域が徐々に狭くなり、声枯れも起きる…
傍目には僅かな差かもしれないのですが、
自分では明らかに罹患前との違いを感じています。

これに関しては昨年球界を引退された、
ヤクルトの今浪選手のお話にとても共感しました。
(一流アスリートの方と同列にしてはいけませんが…)
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710030000406.html


甲状腺ホルモンの低下は婦人科系への影響もあり、
そちらも投薬で調整し、経過を見ている状態で、
普段自分で感じる感覚よりも、
実際の体の中は良くない状態なのだと思いました。

男性には申し訳ない話なのですが、
元々、月経周期はずっと不規則で、本番を控えていると大抵、
緊張からか排卵しなくなってしまい、大幅に遅れていました。
子宮にポリープができて、不正出血が続いたこともありました。
歌うのは楽しかったはずなのに、なぜか体は逆行していました。

説明(言い訳)が長くなりすみません、
不調の原因が分かったこと、そして対処できていることは、
大変ありがたく思っております。
ここでよくよく向き合って、また歌を歌えるように
元気に長く歌い続けられるように、蓄えたいと思います。


Auraを離れてから、地味ではありますが、
ソロCDのリリース、ソロコンサート、
聖路加国際病院など『うた時計』でのボランティア演奏と、
やりたいことを次々に、ひらめくままに、
おかげさまで存分にさせていただきました。

こんな時のために(苦笑)作ったCD「こもりうた」は
おかげさまで2回目の追加プレスをさせていただきました(泣)
YouTubeでも、簡易の録音ではありますが、
色々な演奏をアップしています。

YouTube-Etsuko Sato Official channel
https://www.youtube.com/channel/UCzZA7Hdp_bpadEo7s26i4Jg

もし必要になったら、聞いていただけたらと思いますm(_ _)m



いつも応援して下さる皆様、温かく見守って下さる皆様、
改めまして、本当にありがとうございます。

復活までどのくらい時間がかかるのか分かりませんが、
歌えるようになったら、ここでお知らせさせていただきます。
またお会いできますことを楽しみに、
皆さんの健やかな日々を、心より祈っております。



佐藤悦子


2018年9月14日金曜日

ご来場ありがとうございました!

秋の夜長です。
皆さま、お元気ですか?

本日、聖路加国際病院のお茶と音楽の会で
ピアニストの藤田まり子さんと
ガルテンマザーの子守唄を演奏しました。

Auraの頃、古楽の歌唱指導でお世話になった
ソプラノ歌手の名倉亜矢子さんのCD
やすらぎの歌http://amzn.asia/d/barH7QT)に収録されていて、
初めて聞いた時からずっと好きな歌でした。

自分のCDの候補曲を考えていた時も、
歌いたい!と思いましたが、
当時は譜面が見つからず、また、
同じケルト系民謡ではスオ・ガンの方が
より耳馴染みがあるかもしれないと思い、断念しました。

結果、今で良かったと思っています。

この曲はアイルランドの作曲家Herbert Hughesによって採譜され
1904年に出版されましたが、その譜面をたまたま見つけることができました。
アイルランド北部のGartanという地域で歌われた曲で、
Hughesさんは譜面で1-2-1番の歌詞を充てていましたが、
アイルランドの方の歌を聞いたところ、歌詞が3番まであることが分かり、
幼い子供を亡くしたお母さんの子守唄だと分かりました。

アイルランドの方は1-2-3-1番と歌っていましたが
Hughesさんの編曲を生かして、1番には戻らず。
3番の ”教会の低い鐘の音が鳴り 私の小さな子羊は休む”
という詩に、
Hughesさんの印象的な前奏&後奏が物凄くはまっている気がしたので
今回、名倉さんにもご相談させていただいて、
私は1-2-3番と歌うことにしました。

もし私が無事に自分の子供と会えていたら、
3番は歌えなかったと思います。
怖くて、悲しくて歌えなかったと思います。

子供を見送ったから、歌えました。
見送らなければ、知り得なかった感情でした。
どこぞの何の力だかよくわからないけれど、
このタイミングでこの譜面に出会えて、
ただただ、感謝しています。

藤田先生も、この世界観をがっつり汲んで
弾いて下さいました。
録音を聴いていたら、絶妙な塩梅の音色、タッチの数々(泣)
本当にありがとうございます。


***



いつもお聞きくださる方は、お気づきだったかもしれませんが、
佐藤悦子、体の調子が良くありません。
そんなんで歌ってしまって、本当に申し訳ありません。
練習すると日に日に疲弊して練習が成り立ちません。
本番へ向けた積み重ねができません。
イメトレを繰り返したところで、使う筋肉を動かせていないので
思うように体が機能しません。

これが持病からくるものなのか、
年なのか、気持ちの問題なのか、
ちょっと腰を据えて向き合うときかもしれない
と思いました。

歌いたい気持ちはたくさんあります。
歌いたい曲も、やりたいこともたくさんあります。
ただ、今の私には無理そうです。
とても悔しく悲しいです。

しかし、これも私が蒔いた種であろうと思います。
いつもいらしてくださる方々に、本当に申し訳なく思います。
本当に、申し訳ありません。

しばらく聖路加の出演を見合わせ、演奏活動をお休みします。
心身健康になって、皆さんに望まれる歌が歌えるように、
頑張ります。


本日もお忙しい中お越し下さった皆様、
本当に本当に、ありがとうございました!!!


写真は終演後に行った藤城清治さんの展覧会にて。
この作品はレプリカでしたが、美しかったです。
(写真撮影OKでした(感謝))

藤城清治「光と影の生きる喜び展」2018 より
https://www.kyobunkwan.co.jp/ein-karem/archives/info/2018-4


2018年9月11日火曜日

今週金曜日は聖路加です

涼しいですね。
みなさまお元気ですか?

大雨、台風、地震と、被害を受けられた皆様へ
心よりお見舞い申し上げます。
悲しみを受け止めるにも、抱えるにも、持ち続けるにも
エネルギーがないことには・・・
磨り減る心に、何か少しずつでも、手当できる術がありますよう。
復旧復興へ前に進み続ける方々に、健康がありますよう。


今週の金曜日は、聖路加国際病院のお茶と音楽の会に出演します。
今月はピアノの藤田まり子さんとアイルランド民謡を演奏します。
メロディが美しく、ずっと歌いたかった曲で、
こもりうたのCDにも候補としてあげていましたが、
楽譜が無く、断念していました。

数ヶ月前、他の曲を探していたときにたまたま見つけ、
そして調べてみたら、少し哀しい歌だったのですが
今の私には、心底共感できるものでした。

ちょっとしっとりですが、
よろしければぜひ、お待ちしております。


2018年7月19日木曜日

緩和ケア棟でのうた時計

晴れ放題!!
皆さま、お元気ですか?

本日、聖路加国際病院の緩和ケア病棟で演奏して参りました。
昨年の12月以来、2回目です。
今回も、ピアノの梶山ななえさん&サックスの吉田充里さん
とのトリオです。


演奏曲はこちら↓

*****

芭蕉布
我は海の子(ピアノ&歌)
海(ピアノ&歌)
雨に唄えば(ピアノ&サックス)
雨にぬれても(ピアノ&サックス)
Over the rainbow(ピアノ&サックス)
サリー・ガーデン
見上げてごらん夜の星を
浜辺の歌(皆さんと一緒に)
夏の思い出

*****


今日の日を迎えるまで、日常を送りつつも
内心は、やはりとても緊張していました。
たった20分、とはいえ
患者様ご本人やご家族の方々にとっては
大切な、一分一秒だからです。

大切だとわかった上で、その上で
一日一日を過ごされている、
私には到底計り知れないものです。

なので、ただひたすら想像して
会場に入って、空気を察して、感じて、
その場に添えるように
言葉、フレーズを歌いつないでいました。

ななえさんも吉田さんも
とっても思いやりのある演奏家なので
それがそのままお二人の音楽になっていました。
そして私はまだまだ弱いので
ご家族の涙に、一瞬、つい心が動いてしまうのですが
すぐ自分の役目に戻り、最後までぶれずに演奏できたのは、
揺るがないお二人のおかげでした。

そんなお二人と演奏できていることに、
ただ感謝の気持ちでいっぱいです。
また年末にお声がけいただいたので
トリオでお伺いする予定です。


ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とされている
米国認定音楽療法士の佐藤由美子さんの

大切なのは「死を知らない」という謙虚さ』

という記事https://www.kango-roo.com/sn/a/view/3018があり、
「ホスピスや緩和ケアの仕事で気をつけていることは何ですか?」
という問いに対して、こう答えていらっしゃいました。 

「患者さんから学ぶ姿勢を忘れないことです。
この仕事を始めて14年になりますが、
今でも分からないことがたくさんあります。
自分は死を経験したことがないので、患者さんの気持ちを
根本的に理解することはできません。それを隠さず、
謙虚な気持ちで接することが大事だと思っています。」


私は音楽療法はできませんが、
この気持ちを持っていたい、と
ずっと心に留めています。

緩和ケア棟の皆様、関係者の皆様、
お声がけくださり、本当にありがとうございました。



2018年7月13日金曜日

橋本病と流産

とっても個人的なことになりますが、
先月、私は甲状腺の自己免疫疾患である
橋本病に罹患していることが分かりました。

そして甲状腺のホルモンが足りていないので
今の状態だと流産の可能性が3割増になっていると
分かりました。

お腹の子供は自分で甲状腺ホルモンを作ることができないので
親から子供へ渡すホルモンの量が足りなくなると、
流れてしまうそうです。

私はもう若くないので、
ただでさえ卵子の老化や流産の確率が上がっていますが(統計的に)
更に3割増、、、と分かり、(単純に足し算はできませんが)
驚きました。

今は毎日ホルモンを薬で服用し、補っています。
そして婦人科の先生からは、
「妊娠したらすぐに甲状腺内科を受診して」
と言われていて、甲状腺内科の先生からも
「妊娠したらすぐ来て」
と言われています。


ここで素人的に、素朴に疑問に思ったのは
そんなに急を要することなら
なぜ、妊娠がわかったら即、全員検査必須になっていないのか
ということです(?o?)

2年前の私が甲状腺ホルモンが足りていたかどうかは
もはや調べようがありませんが、
妊婦健診が始まるのは、初期流産の壁と呼ばれる9週目以降。
血液検査に甲状腺の項目が入ってくるのは”壁”以降です。
結婚を機に受ける人が多い、ブライダルチェックでも、
甲状腺の項目はオプションになっていたりします。

初期の流産はいろいろ原因があって未知数だし
それほど危険性は高くないんじゃ、
だからオプションなんじゃ、
って思えたりもしますが・・・

私の主治医はお二人とも
「すぐ受診」
とおっしゃっています。

妊娠には差し障りがなく、(追記:着床不全が起きる場合もあるそうです)
妊娠継続に差し障る、甲状腺の機能低下。
薬で補うことで、おかげさまで、幸い、私は正常値になりました。
ただ引き続き、妊娠を抜きにしてもこれから先ずっと
薬を服用しながら、数値をコントロールしていく必要があります。
(甲状腺機能が亢進するとバゼドウ氏病になります)

自覚症状は、全くないor疲れかなor年かな、くらいでも
妊娠継続のホルモン値の基準は通常より厳しいので
足りてなかった!という場合があります。
そして橋本病の抗体を持っていなくても
甲状腺の機能が低下している方もいます。

もし、お子さんを望む方がいらしたら、
たとえ自費でも、風疹やはしかの検査をするのと同じように
甲状腺の検査を受けてほしい、と
そして流産の可能性を一つでも減らして欲しい、と
個人的に、心から願っています。



聖路加で歌ってきました


ツバメが巣立っていました!(観察日記)
皆さま、お元気ですか?

暑かった今日、聖路加国際病院のお茶と音楽の会で
歌ってまいりました。

演奏したのは1965年に発表された沖縄の歌で
『芭蕉布』です。
吉川安一さん作詞、普久原恒勇さん作曲の
沖縄のソウルフードならぬソウルソング?!を
松下耕さんが合唱用に編曲されていて、
その譜面で歌いました。

地元の合唱団で歌って以来、ずっとこの曲が好きで、
ソロの機会に時々歌っていました。
難なく気持ちよく歌えるキーと、
ソロにはちょっともったいない、豪華なピアノ伴奏、
潮の満ち引きのような旋律がツボです。

夏川りみさんなど沢山の方に歌われていて、
沖縄の歌い回しが入るとなお良かったかもしれませんが
私がやると時代錯誤?!になりそうなので、
自粛しました。(自分、不器用なんで←逃)

今日はピアノの梶山ななえさんが浴衣で演奏☆
そしていつもの倍近くある、2時間半近い
盛りだくさんのプログラム♪♪♪
まさにトイスラーの夏フェスでした(イェーイ)☆☆☆

出演者の皆さんの音楽に触れ、
さて、私はどんな歌を歌っていこうか、と
ぽつぽつ、考えています。

本当に本当に暑い中お越し下さった皆様、
本当にありがとうございました!!


***


自身の体調のことで、最近わかったことがあり
これは是非知っていただきたい、と
どうしても思ってしまったので
次の記事で書きたいと思います。

私が2年前に経験した流産とも関わることで、
女性の方、お子さんを考えていらっしゃる方には
なるべく、知っていただきたい、と思っています。


2018年7月12日木曜日

明日は聖路加で歌います

いつの間にか夏になって
止まない雨と
沢山の方が戦っていて、
どうして神様はこんなことをするんだろうと
悲しませるようなことを、しないで、と
ただ思ってしまいます。

世界中のどこで生きていても、
自分がいつどうなってしまうかは全くわからないので
いま命があることに気づいていたいです。


被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
状況を知り、微力ながら自分にできることをしたいと思います。



明日は聖路加国際病院のお茶と音楽の会に出演します。
もうかれこれ5年程前!に一度歌った曲ですが、
ピアノの梶山ななえさんと演奏予定です。

もしお越しいただけます場合は、かなり暑くなりそうですので
何卒お気をつけて(>_<)!会場でお待ちしております。

写真は大きくなったツバメの子供達☆と、
先日Auraのミニライブとはしごしたイベントです♪






一生の宝物やー。゚(゚´Д`゚)゚。!!!!!!!
(大感謝)